ブロリコ がん

がんにならないために気を付けていること

 

ブロリコ口コミ

35歳
女性
がん
31歳〜35歳 4年間
私の健康パワー維持工夫は・・・

 

 

夫ががんにかかり身近な病気として意識しています

 

夫は31歳の時に胃がんにかかりました。

 

結果的に進行がんになっていて早期に発見ではなかったのですが、手術をして経過は良好で、今のところ仕事復帰もして以前に近い生活ができています。

 

しかしあと半年発見が遅かったら命が危なかったと医師から言われ、若いからといって油断できないと思いましたし、免疫力をアップして病気にならないように気をつけることが大事だと思いました。

 

身近である夫ががんにかかり入院をして手術をするということを近くで見ていると、どうしても自分がかからないとは言い切れませんし、若くて命を終えてしまうということがないように免疫力アップをしておかないといけないなという風に感じるようになりました。

 

 

私ががんの予防として気をつけていること

 

テレビと睡眠とブロリコ

 

夫ががんになった原因は詳しくわかっておらず、遺伝ではないことだけはわかります。

 

夫の身近な血縁関係がある人でがんにかかったひと、がんに関連して死亡した人はいないのです。

 

ただ食生活を規則正しく整えること、心の状態を整えること、睡眠をしっかりととって休養をすること、運動をして健康な体を作ることは免疫力アップに対して効果があると思って、夫が病気になってからは特に意識して行っています。

 

食生活は和食を取り入れるように心がけ、3食を栄養バランスに気をつけて摂取するということに気をつけています。

 

心の状態についてはストレスを抱えていると免疫力が低下してしまうので、それを回避するためによく笑うように心がけています。

 

お笑い番組を観たり、日常の中で楽しめる、ストレスを解消できるということを考えています。

 

睡眠に関しても、しっかりと睡眠をとって疲れをとることの大事さを感じています。

 

運動に関してはハードすぎる運動は良くないということで、有酸素運動をすることが健康に良いと言われています。

 

日常生活の中で歩くという機会を大事にしたりして、自然と運動機会を作れるように工夫しています。

 

 

予防をすることの大切さ

 

がんを予防することに気をつけていますが、がんを予防するこれらの方法は、他の病気を防ぐことにもつながると言えます。

 

メリットとしては特別に費用がかかる方法ではないですし、誰でも簡単にできることばかりということです。

 

少しづつ続けることによって、健康になっていき、病気を予防できると思っています。

 

30代という年齢でまだまだ大きな病気にかからないだろうと過信してしまう人も少なくないと思いますが、身近で病気にかかった人を見ていると、どうしても自分は大丈夫という風には思えずに対策をしておこうと思うのです。

 

【管理人より一言PR】
ブロリコは、イマジン・グローバル・ケア株式会社とはという会社が東京大学と共同開発した免疫(健康維持)に関する事が期待出来る新成分のサプリメントです。
このブロリコの健康パワーは注目を浴び、専門家の方々も注目している成分、また、口コミも良く、多くのメディアでも高く評価されています。
そして、それに伴い会社側も名だたる賞を受賞し世界を股にかけ広く活躍をしています。
ただ、これだけの成分にも関わらず、価格もリーズナブルな設定なのでこれも一つの人気の理由。
当サイトでは、お得なブロリコの購入方法からブロリコについて深く突っ込み解析をしていますので、ブロリコトップページからぜひご覧頂き、ブロリロの良さを知っていただければと思います。



↓不安に怯えない身体作りを 半額コースはコチラ↓

ブロリコ詳細ボタン


ブロリコ ブロリコの発見の経緯 ブロリコは高品質 ブロリコの免疫とは ブロリコの推薦 ブロリコの飲み方